私達が生活する上で欠かすことの出来ないサービスは多くあります。その中でも銀行は私達の生活に密着しているサービスの1つといえるでしょう。例えば、仕事をして得た賃金は多くは銀行への振込みによって行われています。また、税金の支払いやクレジットカード・デビットカードの支払いは自分の銀行口座から引き落とされます。電気やガス7、水道といったライフラインも銀行から引き落とすことが出来ますし、普及率100%といわれる携帯電話も銀行からの引き落としが出来ます。このように銀行は私達の生活にはなくてはならない存在なのです。

銀行にも様々な種類があります。都市銀行や地方銀行、信用金庫などそれぞれがメリットをもっており、優れた部分があります。それぞれの銀行のメリットを考えた上で複数の銀行に口座を作っている方も多いでしょう。

さて、銀行というとその店舗に行って通帳記入などを行うと思います。しかし、最近はインターネットを利用したネットバンクというものがあるのをご存知でしょうか。ネットバンクは実店舗を持たない銀行、ネット上での銀行の事をいいます。また、ネットバンキングサービスを含めた広い意味を持っているのも特徴です。

ネット上でしか店舗を持っていないので入金や引き出しはどうするのかと疑問に思う方もいらっしゃると思います。実際、ネットバンクの銀行は自社のATMを持っていないところも多くあります。しかし、他社との提携により、他社のATMを無料で出来る様になっているところがほとんどですのでATMがないことに対して不安を持つ心配はありません。

更に、最近のネットバンクは証券会社と連携し投資サービス、外資預金や外国為替証拠金取引いわゆるFXにも対応しており、サービスが充実してきています。これらは一般銀行が手掛けてきたサービスであり、ネットバンクには従来、含まれていませんでした。しかし、ネットバンクを利用する人が増加したことによりサービスの幅が拡大したのです。それほどまでにネットバンクの需要は高まっている事が言えるでしょう。

ネットバンクはお金を預けるというだけではなく借りるという面でも人気です。住宅ローンに限らず一般的な個人向けキャッシングの面でもです。やはりインターネットを使うことにより、余計な手数料がかからず貸し出す金利も安くできるということなんでしょうね。※関連サイト:参考サイト:キャッシング